初期のWizardryが日本では妙にシリアスな風潮は、いつ頃あたりから始まったものなんですかね

Tags: game

近々引っ越しを控えているので週末はそれに向けて準備をしたいものの、まだ住む場所すら決まっていない状態なので、現状できることといったら不要品の整理くらいだったりする。そうなると、片付けの際に懐かしい物品が出てきてハマってしまうというのは、定番のお約束ではある。

The Ultimate Wizardry Archives

今回出てきた物件はこちら、Wizardryのマニュアルである。15年ほど前にリリースされた、「The Ultimate Wizardry Archives」という英語版Wizardryのシナリオ#1から#7までを収録したコレクションに同梱されていたもので、#1から#7までの全作品のマニュアルが一冊にまとまっている。ゲーム自体の方は、PC-DOS版のゲームをWindows上でエミュレーションして動作させていたものだったと記憶しているが、当時ですら「いまさらDOS版はつらいなあ」ということで実際にはプレイしていなくて、もっぱらこのマニュアルだけ眺めていたような気がする。


初期のWizardryのマニュアルを見ていて思うのは、非常にノリが軽いということ。もちろん全部英語で書かれているので、私には英文のニュアンスを汲み取れるほどの英語力はないけれど、挿絵のイラストだけ見ていてもノリの軽さは感じ取れる。

A character with an AC of -10 is about as well armored as a Sherman Tank.

Special Offer: This week only!! The dead raised! 50% off!

文面にしても、例えばチュートリアル的な章の最初の一文はこんな感じで始まる。

Playing Wizardry for the first time is like kissing for the first time - you want to do it right, and you’re not quite sure exactly what you are supposed to do.

(適当訳: 初めてWizardryをプレイするのは、初めてのキスに似ている――うまくやりたいけど、何をすればいいのかよく分からない)

この後、高名な冒険者であるところのHawkwind卿によるレクチャーが始まるわけだが、これも実に軽妙な感じの文体で綴られている。


こういった軽いノリを新鮮に感じるのは、日本における初期のWizardryのシリアスな雰囲気に自分としては馴染みがあるからであるのだが、この「日本的Wizardry」の世界観というのは、いつ頃から確立したものなんだろうか。“Blade Cusinart”が「ミキサー」ではなくて、「伝説の名工カシナートによる剣」であるような、そういう感じの世界観。

東急ハンズで見かけたCuisinart社のブレンダー

考えてみれば、Wizardryはゲーム本編もかなりの悪ノリとジョークに溢れているわけで、なぜこれが日本では正統派ファンタジーという扱いになったのか不思議ではある。まあ、(私も含めて)多くの日本人はCuisinart社のフードプロセッサーとかモンティパイソンとか知らないにしても、そもそも剣と魔法の世界にニンジャだのサムライだのいる時点でだいぶおかしい。現在ではJRPGの世界において忍者や侍といった存在は一般的すぎて違和感もないけれど、言うなれば職業に「ゲイシャ」や「スモウレスラー」がいるようなものではなかろうか。今でいうところのいわゆる「バカゲー」的な扱いを受けたとしてもおかしくはなかったところではある。

やっぱりファミコン版のWizardryがシリアスな流れを確定させたのかなあ。末弥純のグラフィックに、羽田健太郎のBGM。私自身も初めてのWizardryはファミコン版なので、それ以前の時代は知らないんよね。ファミコン版リリース以前の、PC-8801とかPC-9801などのパソコン版の頃はどんな扱いだったんだろうか。あるいは、Apple II版にいち早く手を出していた層の間ではどのように映っていたのか。当時のパソコン雑誌とかでのWizardryの記事を見てみたいところではある。


URLにパラメータを指定するとアイコンフォントの画像をSVGで返すWebサービスがあると便利かも

Tags: webdev

昨今のブログでは、記事の冒頭にいわゆる「アイキャッチ画像」を置いていることが多い。そういうの、自分でもやってみたいなー、と思わなくはないものの、素材を用意したり管理したりするのが面倒そうなのと、画像のせいで無駄に転送量が多くなるのは(特にモバイル向けで)いかがなものか、という思いがあり、さしあたりこのブログは文字ばかりという状態。

そういったことを考えている際にふと思いついたのが、タイトルにある「URLにパラメータを指定すると、(Font Awesome等の)アイコンフォントの画像をSVG形式で返すサービス」というもの。例えば、以下のようにパラメータ付きのURLを<img>タグのsrc属性に指定するだけで上にあるようなSVG画像が表示されるサービスがあれば、HTML一行だけでシンプルなアイキャッチ画像が埋め込めて便利そうな気がする。1

<img src="http://iconfont2img.example.com/?name=fa-file-image-o&size=640x400&region=96x96&background=#287d1a">

これくらいなら、実装だけなら簡単にできそう。今どきは、Font Awesomeのような高品質でオープンソースライセンスのアイコンフォントがいろいろあるし。とりあえずメモとして、頭の中に思いついた仕様をメモしておく。なお、パラメータの体系はImageMagickのオプションを意識している。

parameter example description
name fa-file-image 表示したいアイコン名 (例えばFont Awesomeで指定するクラス名とか)
size 640x400 出力するSVG画像の全体のサイズ
region 96x96 表示するアイコン画像のサイズ (96x96+20+20みたいな感じで、基準位置からのオフセットも指定できる)
gravity Center アイコン画像の表示位置 (NorthWest, North, NorthEast, West, etc…)
fill #ffffff アイコン画像の色
background #287d1a 背景色

  1. はたして本来の意味の「“アイキャッチ”画像」として成立しているかどうかは微妙なところですが。それとこれ、Windowsの「Metro UI」のタイルに似ていますな。

今月の振り返り (2015年10月)

Tags: life

10月ももう終わり。そして今年もあと2か月。

毎日をなんとなく過ごしているうちに、あっという間に一年が過ぎてしまう。そこでブログ再開を機に、月の変わり目を区切りにして振り返りの機会にしたい。

英語学習

総学習時間: 24時間38分

学習時間
2015年10月 24時間38分
2015年09月 36時間04分
2015年08月 33時間54分
2015年07月 29時間15分

先月と比べて大幅に減ってしまっている。原因としては、ブログ再開のために時間が取られたことが挙げられるだろうか。それと、9月はTOEICを受けたので、事前に問題集とかをやっていた分、普段の月より学習時間が多めだったというのもあるか。

11月は主に会社の研修がらみで英語をがんばらないといけないので、気合を入れなおしたい。TOEIC IPもあるし。

iKnow!

学習時間
2015年10月 13時間17分
2015年09月 12時間50分
2015年08月 10時間22分
2015年07月 14時間30分
2015年06月 17時間14分

iKnowは主に単語学習にフォーカスした英語学習サービスで、2008年頃に始めてから現在まで、一応続けている。今月もほぼ予定通りの学習時間を達成できた。

11月にTOEIC IPを受けることになっているが、タイミングよくTOEIC向けのコースが追加されたので、しばらくはこのコースを中心に学習を進めたい。

オンライン英会話

回数 学習時間
2015年10月 8回 6時間45分
2015年09月 12回 9時間55分
2015年08月 7回 6時間35分

会社の教育がらみで全額会社負担だったので、8月から始めてみた。6か月コースなので、これで半分が終わったことになる。毎回毎回とてもとても苦しんでいて、これで自腹だったら「なんでカネ出してまで苦行をやらんといかんのだ」みたいな気分になっていそう。オンライン英会話レッスンの授業料なんて大した額ではないけど、そういう意味では会社が負担してくれるのはやはりありがたい。

とはいえ、「全額会社負担」とはいっても、一定回数のレッスンを終わらせないと自己負担にされるという仕組みになっているので、もうちょっとペースを上げないといけない。10月は土日にもっとレッスンを取るべきだった。業務変更に伴う引っ越しを控えていて、今後は週末に忙しくなることが確実なので……。

オンライン英会話は今回が初めてだけど、「講師や時間帯を自由に選べる」という点に、意外にもあまりメリットが感じられない気がしてきている。私のような意志の弱い人間にとっては、自由に時間帯を選べるよりも、時間帯が決まっていて「強制力」が働く方がありがたかったりする。

とりあえずここ最近は、いつもレッスンを受けている顔なじみの講師が仕事を入れているのが「週3回」だけなので、それに合わせて自分も週3回レッスンを予約するようにしている。ずっと同じ講師からレッスンを受けていると、自分の弱点や癖を把握してもらえるし、打ち解けて話しやすくもなるし、なかなか悪くない。

英語e-ラーニング

回数 学習時間
2015年10月 5回 2時間09分
2015年09月 11回 4時間23分
2015年08月 9回 5時間14分

会社で全額負担の教材その2。最初のうちは目新しさもあったが、ここ最近は完全に飽きてしまった感じ。そもそもコンテンツ自体が「XGAサイズ(1024×768)のディスプレイを前提にしたFlash」という時点でいろいろつらい。そこかしこに古めかしさを感じてしまう。スマートフォン版もあるらしいので、そっちだったらもう少しモダンな感じなんだろうか。

まあ、教材の内容自体は悪いものではないと思うので、今後はもう少しペースを上げたい(これも一定回数のノルマをクリアしないと自己負担だし)。別にTOEIC対策に特化した教材というわけではないけど、11月のTOEIC IPに向けて定期的にやっていきたい。英会話レッスンを入れていない日はe-ラーニングをやる、という感じで進めたい。

その他の英語学習

  • Vocabulary.com
    • iKnowをずっとやっているが、そろそろ日本語を介さない英語学習を考えるべきではないかと思い、始めてみた。ネイティブスピーカーの学生向けの英単語クイズ、といったサービスなのかな。
    • しかし、今の私のレベルではちょっと難しすぎる感じ。問題文を読んでも説明文を読んでも、なんでこの選択肢が正解なのか、あるいは不正解なのかがいまいち理解できず、もやもやしたまま。
    • もうしばらくは続けてみるつもり。
  • Hacker Newsとかredditから探した英語記事を読む
    • 日本語を介さない英語学習の一環として、英語圏のサイトの面白そうな記事を読むというのを始めてみた。その際に情報源にしているのがHacker Newsとかreddit programmingあたり。
    • しかしながら、やはり今の私のレベルでは、英語の記事を最後まで読むにはかなりの気合が必要になる。途中で気力が尽きてあきらめることもしばしば。というより、挫折するケースの方が多い。
    • これも、もうしばらくは続けてみるつもり。

運動

Wii Fit U

回数
2015年10月 26回
2015年09月 28回
2015年08月 30回
2015年07月 31回
2015年06月 30回

今年の4月からダイエットを始めたのを機に、Wii Fit Uで毎日15分程度の軽い筋トレをやっている。正直、Wii Fit Uには不満点ばかり感じているので、昨今のウェアラブル端末方面の運動系ソリューションでよさそうなのがあれば乗り換えたいところではある。

10月はどうも生活リズムが乱れがちで、仕事から帰った後にうたた寝してしまい、その後夜中になって起きるも、深夜に体を動かす気になれず寝直し、というケースが何度もあった。まずは生活リズムを立て直さないと始まらない。

体重はこの一か月ほぼ変わらず。今年の4月からのダイエットにて4か月で7kgほど減らした後、その後はずっと現体重をキープしている。もうちょっとおなかの肉が減らないかなあ、という思いもあるが、これ以上減らすと「やせすぎ」の領域になりかねないので、これくらいがちょうどいいのかな。

今後に向けて

11月は会社の英語研修とかTOEIC IPとか業務引き継ぎとか引越し準備とかで、どんどん忙しくなりそう。なので、英語学習とか筋トレとかの毎日の日課は手早くこなすようにしていきたい。

ブログもちょくちょく更新したいと思っているが、現状では一つ一つの記事がやたら長くて、一つ書くのにえらく時間がかかってしまっているので、記事の長さも時間のかけ方も短めにしていきたい。ブログのソースデータをGitHubに置くようにしたので、なるべく自分のダッシュボードを緑にしていきたい所存(今日はハロウィンだからか、オレンジっぽいけど……)。

GitHubといえば、やはり本来の使い方としてソースコードを置く場所としても活用したい。つまりは、もっとプログラムを書くようにしたい。GitHubのおかげで、いかにも「プロジェクト」然とした大きなプロダクトでなくても、ほんの小さいプログラムでも手軽に公開できる場所ができたので、気軽に書いて気軽に公開していきたい。