日課の運用

Tags: life

ここ数ヶ月ほど、英語の勉強と軽い筋トレを日々の日課にしており、今まで一応なんとか続いてはいる。日課を継続できているというのはそれはそれでいいことで、今後も続けていきたいと思っている。しかしながら、実のところあまりうまく回っていないという思いがあり、もう少し改善できないだろうかと考えているところ。

今やっている日課

iKnow!での英語学習

iKnowは主に単語学習にフォーカスした英語学習サービス。当初はWebアプリだけだったが、モバイル向けアプリも提供されている。2008年頃に始めてから、多少の中断期間をはさみつつ、今でも毎日やっている。サービス当初は無料だったものの、2011年4月から運営方針が大きく変わり、月額制で有料化されることになった。そのタイミングで他の英語(単語)学習サービスなりアプリなりに移行するという選択肢もあったけど、その時点でiKnowで毎日勉強することが習慣化された状態になっており、まがりなりにも続いている勉強の習慣を崩すこともないだろうと、有料化に付き合って今に至る。まあ、大した金額でもないし、学習コンテンツを自分で用意しなくていいというのは楽ですからね……。

毎日続けるための仕組みとしては、ダッシュボードのカレンダーに毎日の学習時間が記録されるとか、「連続学習日数」がカウントされるようになっているとか、まあありきたりなものではあるが、個人的にはそれなりに強制力として機能している。飲み会の日とか、日付が変わる前にアリバイ的に1~2分ほどスマートフォンから触るだけのような日もあるけど。つい先日、連続学習日数を180日で途切れさせてしまって悔しい思いをした。

もう一つ「週間ターゲット」という仕組みがあって、一週間に何時間勉強するかの目標を設定できるようになっている。週目標を達成すると、達成回数によって「実績」的なバッジがダッシュボードに貼られるという、これもまあありがちなもの。

とはいえ、この「週目標の設定」は自分にはなかなか効果があるようで、例えば「週4時間」と設定していた頃は、毎日それなりの時間を割いて勉強していたし、週の終わりの土曜日に目標達成が難しそうになると、帳尻合わせ的に一日で2時間くらいやったりして、ほぼ毎週目標を達成できていた。逆に忙しい時期は「週1時間」と設定していたが、その頃は(仕事が忙しかったのもあったが)本当に毎週1時間くらいしかやらなかった。どうも週目標をクリアすると「ノルマ達成」みたいな気分になってしまうようだ。なので最近は、仕事の忙しさや、iKnow以外での英語学習に割く時間を考慮しつつ、実現できそうな範囲でなるべく学習時間が多くなるよう週目標を設定している。

Wii Fit Uでの軽めの筋トレ

去年の夏頃、埃をかぶっていたWii Uを活用しようと思い、運動不足の解消になればいいなと買ってみた。前作のWii Fitは未経験だったので、最初の頃は目新しさもあって続けていたものの、だんだん飽きてきた頃に冬が来て、寒い中こたつから出てバランスWiiボードの上に乗るのが億劫になってしまい、途中やめに。

今年の4月になってダイエットを始めた際に、日々の体重の記録と筋トレを毎日継続するために、再度ひっぱりだして再開。筋トレとダイエット(による体重減)は食い合わせが悪いような気もするが、まあ「筋肉が減っての体重減」というのを抑止する役には立ったのではなかろうか。だいぶ体重を減らせたのでダイエットは一区切りとしたが、Wii Fit Uでの筋トレはその後も続けている。

余談だが、正直言ってこのWii Fit Uには様々な不満点があって、できれば他の運動支援系ソリューションに移行したいと常々思っているのだが、その話は気が向いたら別途書きたい。

問題点・課題

とにかくほとんど毎日のように日課に取り掛かるのが遅く、「やらないと……でもめんどくさい……」みたいな状態で一時間くらいだらだらとWebやTwitterを眺めたり、ゲームをやってしまうことがよくある。一応、その後重い腰を上げて日課を済ませるわけだが、結果、寝る時間が遅くなってしまい、睡眠時間が減って仕事に差し障りが出かねない状態。

特にWii Fit Uでの筋トレは「セットメニュー」として連続で数種目をするようにしているので、一度始めると20分程度はかかるため、めんどうくささが先立つ。まあ、Wii Fit Uの筋トレは、負荷の軽い動作を多めの回数こなす感じなのでさほどきつくはないけど、そうは言ってもそれなりにしんどいわけでして……。

私のような意志の弱い人間にとっては、iKnowにしろWii Fit Uにしろ、実績をコンピュータ側が管理することで「ズルがしづらい」環境が用意されることに意味がある。特にiKnowは学習時間をサーバー側で管理しているので、「連続学習記録」を途切れさせないようにするには日付が変わる前に学習を済ませる必要がある。Wii Fit Uは記録をローカルに持っているので、やろうと思えば本体時刻をいじってごまかせないこともないが、そんな面倒なことをするくらいならやはりその日のうちに済ませようという気になる。

しかし、Wii Fit Uは日付が変わるタイミングを「通常(0時)」と「夜型(午前3時)」の二つから選択できるようになっていて、夜型人間である私は午前3時に設定しているのだが、これが災いして、開始時刻をだらだらと先延ばしにしがち。1 下手すると、(平日なのに)午前2時過ぎとかになってようやく筋トレを始めるような場合もある。その後寝ようとしても、寝る前に運動すると寝付けなくなるわけで、結果、生活リズムがどんどん崩れていってしまう。

近いうちに勤務場所が変わることになっていて、そろそろ引っ越し作業で忙しくなる。また、次の仕事自体も今より忙しくなりそうで、今後は自由時間が減る方向になりそう。なので、毎日の日課をこなすのにこんなに時間がかかるという状況はなんとかしたい。

さらに言うと、今よりももう少し日課を増やしたいと考えている。具体的には、余暇のプログラミングとか、ブログの更新とか、アウトプットに時間を割きたい。実のところ、プライベートでのソフト開発と「日課」というのはあまりなじまない気もするが、これまで作りかけの状態でやる気が無くなってお蔵入りになったプログラムがいくつもあり、こういうものを完成まで持っていけるようにするには継続的に時間をかけていく必要があると思っていて、余暇のプログラミングに時間を割くのを習慣にしたい。

改善案

さしあたり思いつく案は以下のようなところか。

  • Wii Fit Uの日付変更タイミングを「夜型(午前3時)」から「通常(0時)」に戻す。
    • 遅くても11時台に筋トレを始めなくてはならないような状況を設定する。
  • iKnowをやる時間帯を変更し、日付が変わった0時台にいったんやるようにする。
    • 今までは11時台になってから「駆け込み」的にやっていた。
    • 今まで同様、すき間時間にもちょこちょこ進める。
  • 余暇のプログラミングやブログのソースデータをすべてGitで管理するようにして、4年ほど放置しているGitHubのアカウントにリポジトリを作ってpushするようにする。
    • ダッシュボードの「Contributions」をなるべく緑に染めることを目指す。
    • 「Current streak (連続記録)」を伸ばすのはさすがにつらいので、あまり意識はしない。

今後は午前1時までに寝るのを目標にしたい。


  1. いやまあ、こういう設定項目があること自体は、夜型人間への配慮があって、気が利いているとは思うのですが。全面的に悪いのは、私の意志の弱さ。